Jump to content

コチョウザメ


mattoko
 Share

Recommended Posts

sterlet_thumb_jpg_aef8c0d47ff5bd8e3860279184630c75.jpg.4f4e0da5ef91fef320495f1aabad5e24.jpg

コチョウザメ (Sterlet)
コチョウザメは、高価な商業用の魚です。チョウザメ科に属します。黒海、アゾフ海、カスピ海、バルト海に生息します。ヴォルガ川とその支流、ドン川、オビ川そしてイルティッシュ川のような大河で生息が確認される場合もあります。コチョウザメの生態は秘密に包まれています。川のほとりでは、砂底で泥がない深い水域を好みます。急流と冷たい水が流れる川を好みます。コチョウザメは昆虫の幼虫、軟体動物、甲殻類など、底に住んでいる小さな無脊椎動物を食べます。このほか、他の魚の魚卵も食べます。コチョウザメは、水の中に落ちた昆虫を探すために水の表面に移動します。小さく狭い細長い鼻と口にまで達する長いひげは、他のチョウサメにはない特徴です。下唇は真ん中で割れています。他のチョウザメ種と同様、コチョウザメの紡錘状の体は、うろこの代わりに5本の横の線を形成する骨板で覆われています。体の色は、淡黄色から灰色がかかった茶色までさまざまです。商業用のチョウザメの平均の体長は40〜60cmであり、重量は500g~2kgです。大きなものでは体長が120cm、重量を10kgを超えるのもいます。

レコード (緑旗):1,000g
トロフィー (黄旗):9,000g
レアトロフィー (青旗):14,000g

生息地
ベラヤ川 (Belaya River)
スラ川 (Sura River)
アクツバ川 (Akhtuba River)

Link to comment
Share on other sites

Please sign in to comment

You will be able to leave a comment after signing in



Sign In Now
 Share

×
×
  • Create New...